You are here: Home 折々の想い
Navigation
« March 2013 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
About this blog
現役を退いて暇になると、何かにつけて過ぎし日を思い出し、また、いろいろと考えごとをしてしまう。こうした折々の想いをインターネットに公開して、多くの方々と分かち合おうというのがこのサイト。
Categories
気ままに随筆
 
Document Actions

要理教育と要理書の編纂

by P.Itonaga posted at 2013-03-01 00:00 last modified 2013-03-01 10:12
カトリック教会の教え

要理教育(カテケージス)は教会の「主な任務の一つ」(ヨハネ・パウロ2世の使徒的勧告『要理教育』1)であり、教会の「神聖な義務」(同上14)であると同時に、要理教育を受けることは「すべての受洗者の権利である」(同上)。

なぜなら、それは主ご自身からの命令であるからである。主はご昇天の前、使徒たちに命じて言われた。「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。――父と子と聖霊のみ名によって洗礼を彼らに授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたたちとともにいる」(マタイ28,19-20)。

使徒たちは、聖霊の賜物を受けた後、主の命令に従って「教えること」に専念した。使徒行録は初代教会のあり様について、「使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった」(使徒行録2,42)と描写している。福音書そのものが、「記録される前は、キリスト教共同体に対する口頭の教えの集成なので、それらは、ある程度一種の要理教育的構造を示しています」(要理教育11)。

このように、教える教会の使命は継続され、「3,4世紀には、すぐれた司教および司牧者たちは、口頭で教えること、あるいは要理教育書を編集することを司教職のより重要な務めの一つと考えました」(要理教育12)。『カトリック教会のカテキズム』は述べる。「教会の刷新の時期はまた、カテケージスの全盛期でもある。教父時代の盛期には、聖なる司教たちが聖務のかなりの時間をこれに割いているのが見られる。たとえば、セルサレムの聖チリロ、聖ヨハネ・クリゾストモ、聖アンプロジオ、聖アウグスチノやその他の多くの教父たちで、これらの人々の「要理書」は依然として模範的なものである」(8番)。

日本最初の宣教師聖フランシスコ・ザビエルは鹿児島上陸後、日ならずして「鹿児島のカテキズモ」(要理書)の編纂に取り組み、その後継者の巡察師ヴァリニャーノは有名な「日本のカテキズモ」や「どちりなきりしたん」(キリストの教え)などを発明間もない印刷機で出版している。この伝統は日本の教会に今も引き継がれている。

世界各地で編纂発行された「要理書」(カテキズム)のほかに、全教会のために編纂されたカテキズムにも注目しておかなければならない。その一つは、16世紀のいわゆる宗教改革の後、カトリック教会が自己改革のために開催したトリエント公会議を受けて出版された「ローマ・カテキズム」(Catechismus Romanus)で、「これは司祭用の伝統的な教理および神学の要約として第一級の著作である」(要理教育13)。ローマ・カテキズムはその後の各地の要理書のいわば規範版となったものである。

もう一つの普遍的要理書は言うまでもなく先の第2バチカン公会議後に編まれた『カトリック教会のカテキズム』であって、「本書の目的は、信仰と道徳に関するカトリック教理の本質的、基本的内容を、第2バチカン公会議と教会伝承の全体に照らして、有機的、体系的に説明することにある。その主要な源泉は聖書、教父、典礼、教会教導権の教えである。このカテキズムは、『それぞれの国で作成されるカテキズムもしくは要約書の基準のようなもの』として役立つことを目指している」(カトリック教会のカテキズム11)。

また、「本書は主としてカテケージスの責任者、すなわち、まず教会の信仰の教導者、司牧者としての司教にあてられておおり、神の民を教える責務を果たすための道具として提供されたものである。司教を通して、要理書編纂者、司祭、要理教師にもあてられている。さらに、すべての信徒にも有益な書物となるであろう」(同上12)。

周知の通り、この趣旨に従って、わが国では2003年、日本人執筆者4人によって『カトリック教会の教え』「写真」がわが国固有の要理書として出版された。

The URL to Trackback this entry is:
http://mr826.net/psi/blog/130301/tbping

Re:要理教育と要理書の編纂

Posted by P.yamabe at 2013-03-02 10:07
糸永司教様

カテキズムを開くたびに考えさせられますので、不躾な質問をお許しください

・人間の尊厳ゆえに、洗礼を受けた全ての人は救いを受けるのですか
#1682、#1689、#1690、#818、#2283、#847、#1261

・人間の尊厳こそが、全ての人権の基礎でしょうか。それは、神の十戒に替わる、新しい全道徳律でしょうか
#1738、#1930、#1935、#2270、#2273

・神への愛ではなく、個人の尊厳こそが道徳律の動機・起源・目的なのでしょうか
#1706、#1881、#1907、#2354、#2402、#2407

・信教の自由は人間の尊厳に基づくものてすか
#2106、#2108

パウロ山部真一@浄水通教会

Re:要理教育と要理書の編纂

Posted by itonaga at 2013-03-02 13:38
山部真一様
項目を追ってお答えします。
1-洗礼を受けた者がすべて救われるとは限りません。第2バチカン公会議の教会憲章は述べます。
『たとえ(洗礼を受けて)教会に合体していても、終わりまで愛にとどまらず、「からだ」では教会にとどまりながら、「心」ではとどまっていない者は救われない」(n,14)。
成聖の恩恵の有無をいっているのです。『カトリック教会のカテキズム』1861番をご覧になってください。
2-人間の尊厳はすべての人権の基礎であり前提です。しかし、人間の尊厳や権利は神の十戒に替わる新しい道徳率ではなく、むしろ十戒の前提となっているものでしょう。
3-人間の尊厳は神に由来するものです。ヨハネ・パウロ2世は書いています。「人間は神の愛によって愛のために造られました。愛は人間の生まれながらの根本召命です」(使徒的勧告『家庭』11)。ですから、神を愛し人を愛することの中に人間の尊厳があり目的があります。
4-信教の自由は人間の尊厳に基づくもので、神を信じ愛する権利を意味します。   以上

Re:要理教育と要理書の編纂

Posted by Anonymous User at 2013-03-02 21:38
司教様

単純にカテキズムだけみると公会議後、神の教えがヒューマニズムにとって替わられたかのような誤解をしていたのかもしれません

しかし、確かに聖パウロが何回も叫んでおられるように
「 正しくない者が神の国を受け継げないことを知らないのですか。思い違いをしてはいけない。(中略)決して神の国を受け継ぐことができません。あなたがたの中にはそのような者もいました。...」
(コリント1 6.9~11)

「あなた方は 知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿である」
(コリント1 6.19)

ありがとうございました

教皇ベネディクト16世の退位に思う

by P.Itonaga posted at 2013-03-15 17:55 last modified 2013-03-15 18:14
ベネディクト16世

第265代教皇ベネディクト16世は、さる2月11日、突如、2月28日をもって教皇職を辞任する旨表明し、世界を驚かせた。すでに3月13日午後(現地時間)、新しい教皇フランシスコが選出されたが、ここではベネディクト16世を偲び、その教えの一端を指摘したい。

教皇は、「わたしは繰り返し、神のみ前で自身の良心の究明をした結果、高齢のために、もはや教皇職を適正に遂行するために必要な体力が残っていないという確信に至りました」とバチカンで、3人の列聖を承認するために招集した枢機卿会議の席上語ったという。言われるまでもなく、85歳の身に教皇職の激務に耐えうるとはだれも考えることはできない。

世間では辞任の原因を何かと取りざたする者がいるようだが、たとえ教会に何かが あったとしても、それは教皇の責任ではない。ないばかりか、人類の一切の罪を一身に背負い、これを十字架上であがなったのは主キリストご自身であり、こう して得られた罪のゆるしを宣べ伝えるのが教皇の、そして教会の使命である。教皇が何らかの教会内の問題の責任を取って辞任するなど、ありえないことである。

報道によれば、教皇辞任は600年ぶりのことで異例だといわれるが、教会法典には ちゃんと教皇辞任の条項がある。1983年に公布された『カトリック新教会法典』第332条第2項に、「ローマ教皇が辞任する場合には、辞任が自由になされ、かつ正しく表明されなければ有効とはならない。ただし、なんぴとかによる受理は必要でない」とある。今回の教皇辞任は教会法に則って正しく行われたのである。

ベネディクト16世の教皇として業績について、すでに多くの肯定的な評価がもたらされており、今後さらに正確にして総合的な評価が定まっていくと思われるが、わたしは特に次の二つのことを指摘しておきたい。

第1点は、第2バチカン公会議の実施について強調されたことである。教皇に選出された翌日、2005年4月24日のミサ後のメッセージにおいて、「ペトロの後継者に固有の任務を始めるにあたり、わたしは、先任者の教皇たちの足跡に従い、また、教会の2000年の伝統を忠実に引き継ぎながら、第2バチカン公会議の実施に向けて取り組み続けるつもりであることを、はっきり宣言したいと思います」と述べられたのである。 

こうして、教皇職のすべてにおいて公会議の実施に向けて全力を傾けられた。日曜日に行われる「アンゼルス」における講話では、公会議の閉幕40周年を記念して数回にわたって話され、「公会議の公文書はその価値を失っていないばかりか、ある意味で、かつてよりもよりいっそう、現代に通用する意味を持つことが明らかになってきた」と強調された(以上、『霊的講話集2005』)。昨年10月、第2バチカン公会議開幕50周年に際しては、「信仰年」を告示して、「公会議文書は、自らの価値を失うことも輝きを失うこともありません。これらの文書は、適切に読まれ、教会の聖伝の中で、教導職にとっての重要な規範文書として知られ、消化吸収される必要があります」(自発教令『ポルタ・フィデイ』)と強調され、公会議の実りとしての『カトリック教会のカテキズム』を学ぶよう勧告されたことは周知のとおりである。

信仰と理性の補完的一致の問題は、近代合理主義が最高にその猛威をふるっている現代、第2バチカン公会議の プログラムの実施とも関連して、実に重要な問題である。つまり、信仰は理性に反するとの理由で、信仰を否定しつつ、科学信仰や進歩信仰ともいえる仕方で理性の自立を強調し、世俗化の道をひた走る傾向に対して、ベネディクト16世は理性と信仰の一致を強調された。 

すなわち、人間の理性はもともと神の理性への参与(participatio)であって、したがって、理性と信仰は互いに矛盾することなく一致するものであり、理性は信仰の理解を深めるために貢献し、一方、信仰は神の理性の啓示として、人間理性を補完し完成する規範となるものであることを強調された。「信仰は、理性そのものを浄化する力です。信仰は、神の視点から考えることにより、理性をその盲点から解放し、そこから理性がいっそう完全なものとなるのを助けます。信仰によって理性はいっそう効果的な仕方で働き、また、その対象をいっそうはっきりと見ることができるようになります」(回勅『神は愛』28)。

人類全体にとっても各個人にとっても、最大の根本問題は、神に立ち返ることであ る。つまり、神から離散した人類と各個人が、キリスト信仰によって神に立ち返り、その究極の目的を達することである。換言すれば、人生の道しるべである人間理性をキリスト信仰によって癒し、浄化し、完成することに他ならない。そして、これこそが第2バチカン公会議のただ一つのテーマであった。ベネディクト16世はこの一大刷新運動の先頭に立たれたのであって、この使命は新しい教皇に引き継がれなければならない。

The URL to Trackback this entry is:
http://mr826.net/psi/blog/130315/tbping

Re:教皇ベネディクト16世の退位に思う

Posted by 現代っ子 at 2013-03-20 09:57
>人間の理性はもともと神の理性への参与(participatio)であって、したがって、理性と信仰は互いに矛盾することなく一致するものであり、理性は信仰の理解を深めるために貢献し、一方、信仰は神の理性の啓示として、人間理性を補完し完成する規範となるものである

には全面的に賛成します。

ただし
>信仰は理性に反するとの理由で、信仰を否定しつつ、科学信仰や進歩信仰ともいえる仕方で理性の自立を強調し、世俗化の道をひた走る傾向

が現代において過去よりも大きくなっているという考えは間違いだと思います。
 更に、その傾向が現代のカトリック教会の苦難(例えば日本で信徒が増えないことなど)に関係すると考えるのは大間違いな責任転嫁だと思います。
 妄想かも知れませんが、神父さま方や教会の役員達がそう思っているように、しばしば感じます。

Re:教皇ベネディクト16世の退位に思う

Posted by itonaga at 2013-03-21 13:01
御説は有り難く承っておきます。

ところで、人の思いは様々で、これを尊重することは当然ですが、しかし同時に、神の啓示を信じてこれに従うこと(信仰)は理性に適うことがどうか、つまりは、信仰と理性のどちらを優先するかが問われているのではないでしょうか。

事実、神の思いを大切にする教会は、信仰を優先して理性との調和を図ってきたのですが、信仰に対して理性の自主独立を主張し、何事についても、すなわち科学本来の領域を超えた霊的領域においても、理性ばかりか時として理性に名を借りた欲望までも優先してきたのが、近代合理主義の大きな流れではないかと思います。

Re:教皇ベネディクト16世の退位に思う

Posted by 現代っ子 at 2013-03-21 21:20
 これまでのどの時代にもいた神に従わない人達が、教会が力で抑えつけることができない時代になって勝手に活動した結果が、近代合理主義の負の側面でしょう。

 そのような弊害があっても、また残念ながら不承不承であったには違いなくとも、教会は世俗的な力を徐々に手放してきました。
 人に働きかけるのに、社会的な強制によってではなく、神により頼むようになってきました。
 おそろしく時間をかけて、遅々とした歩みであっても、その意味で教会は良い方へと向かっています。

 そのことに私は、神の働きを感じます。

Re:教皇ベネディクト16世の退位に思う

Posted by 無名の聖人になりたいな at 2013-03-25 02:06
素朴な疑問ですが、私はまだ若いので余生のことはまだよくわかりませんが、教皇様や司教様あるいは司祭が高齢で引退した場合、いったいどのような余生を送っているのでしょうか。日曜日はミサに与ったりとかはしないのですか。

Re:教皇ベネディクト16世の退位に思う

Posted by itonaga at 2013-03-25 17:27
お答えします。
司教、司祭は、引退後もその身分はそのまま続きますから、司牧的責任のない司教、司祭としての生活を送ります。私は日曜日だけでなく週日にもミサをささげています。

コメント欄を活用して、対話の機会にすることができればと願っています。
ただし、記事や本サイトの趣旨と関係のないコメントはご遠慮下さい。

ご意見、ご感想などはコメントにご記入ください。また、連絡フォームからメール送信も出来ます。