「マス・メディアは神の賜物」(教皇ピオ12世)

糸永真一司教のカトリック時評 > 折々の想い > 「マス・メディアは神の賜物」(教皇ピオ12世)

「マス・メディアは神の賜物」(教皇ピオ12世)

カテゴリー 折々の想い 公開 [2006/11/21/ 00:00]

ピオ12世

ピオ12世

 インターネットにホームページを開いて三週間。隠居部屋から直接世の人々に話しかけることができるとは、不思議に思うと同時に、なんとも便利な世の中になったものだと、しみじみ思うこのごろである。そして思い出したのが、冒頭に挙げたピオ12世の言葉である。神の賜物を神の賜物として大いに活用することは現代教会の一つの義務であろうと思う。もしローマの囚人聖パウロが今日あれば、インターネットを利用するに違いない。

 ついでに、わたしがピオ12世のご尊顔を拝したのは一度きり、1953年の8月末、カナダからの帰国の途中立ち寄ったイタリアの、教皇の夏の別荘地カステルガンドルフォでの一般謁見のときであった。長身のパパ様が白衣に身を包み、両の手をまっすぐ横に広げて祝福を下さる神々しいお姿が、今も鮮やかにわたしの脳裏に焼きついている。



トラックバックURL


Warning: Use of undefined constant display - assumed 'display' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yazi/mr826.net/public_html/psi/wp-content/themes/70223/single.php on line 45
http://mr826.net/psi/blog/061121/trackback

コメント欄を活用して、対話の機会にすることができればと願っています。 ただし、記事や本サイトの趣旨と関係のないコメントはご遠慮下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください